読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマも映画も「体力が続かない」ぼくが絶対に観る「2016冬ドラマまとめ5+α」

f:id:soshaaaan:20160118182551j:plain

続々と今クールのドラマが始まってますね。

ぼくも昔は大のテレビっ子というかドラマっ子で、いつも改編期になると楽しみで楽しみでソワソワしてました。

 特に同級生との話題の中心がドラマだった中学時代なんかは、新しいクールに入る前に番線番組で各局のラインナップを確認し、見忘れの無いよう手作りのカレンダーまでしたためるレベル。

 

ところがどっこい、ある期間を境にぱったりとドラマを観なくなっちゃったんですよ。

それは電車で1時間以上かけて通うようになった高校時代からのこと。

日課だっためざましテレビも始発電車に飛び乗るためバッタバタで観る暇がなかったですし、部活や補修が終わって電車に乗って帰ると20~22時ぐらい。

そこからご飯を食べて勉強(という名目で部屋に篭ってケータイをポチポチ)して、お風呂に入って早く寝るって生活だったので、まったくテレビを観なくなってしまいました。

同時に大好きなプロ野球の情報も細かく追いきれなくなったので、ぼくのなかで「2006~2008年ぐらい」は贔屓のチームのことしかわからない!

(この記事を書き終え校正していたときに、それなら充分じゃないかって冷静に思った)

大学時代からは上京して独り暮らしを始めたので高校時代より間違いなくゆとりができたし、新品のテレビも買ってもらったんですけど、たぶんあまり観てないはず。

恐らくケータイやスマホ文化の発展も大きく影響してますが、高校の3年間で脱落した習慣って、どうやら元に戻りにくいみたいです。

 

ご存知のようにメディアの仕事をしてるし根っからのWEB人間なので何がオンエアされてるかは一応チェックしてますが、自分の目で観てないからストーリーは分からないし記憶にも残ってない。

というかこれはドラマに限らず映画もそうなんですけど、「目と頭をフル活用してストーリーを咀嚼すること」にものすごく体力を使うようになったんですよね。

一つひとつの作品を噛み砕くのに尋常じゃないエネルギーを使うので、観終えると放心状態になるというか、とにかくドカっと疲れてしまう。

「今日は休みだし映画5本観るぞ!」とか「今週の録画して溜まってるドラマ全部消化した!」っていう人たちの体力というかストイックさは素直に尊敬します。

だからこそぼくにとっては、一つの作品が印象深く、意味のある体験になり得るんですけどね。

 

そんな映像クリエイティブ不精なぼくですが、新しくランチをお供するようになった職場のみなさんが根っからのドラマ好きばかり!

一回りぐらい歳上の方が多いので、ぼくが幼少期~中学生のころに観ていたドラマの話をすると心の底から喜ばれて話が盛り上がるんですけど、最近の話になるとまあ辛いつらい。

でもマジで良い人ばかりなので話についていきたいし、というかランチ誘われなくなったら寂しいので、今クールはなるべく観ます!

 

そんな「おいおいOLか!~男達による昼下がりのドラマ談義~」で話題にのぼった面白そうなドラマを、5つほどピックアップしますね。


1.「2016年の書初めは”有村架純”でした。」

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう/月曜21:00~フジテレビ

www.fujitv.co.jp

今夜スタートの月9です!

さしずめ「若者のすべて2016」って感じでしょうか。

matome.naver.jp

有村架純に主演のイメージがあまり湧かないのですが、彼女を眺めているだけで幸せな気持ちになりそうです。

(ちなみにぼくは同作出演の坂口健太郎に似てるので、皆さんぼくとLINE交換してください。)

 

2.「自分で自分のこと”ダメ女”って言ってる奴にロクなのはいないけど深キョンはかわいいから許す。」

ダメな私に恋してください」深田恭子/火曜22:00~TBS

www.tbs.co.jp

先週からスタートしましたが、ネットではかなり話題になってましたね。

個人的に「自称ダメ(クズ)女」に思うところは多々あるのですが、演じるのが深キョンなので心穏やかに観れそうです。

「ドS上司」を演じるDEAN FUJIOKAに、斎藤工西島秀俊の周りに湧いているこじらせ女子が色めきだつ未来が容易に想像できる・・・。

 

3.「人生の目標に”渡部篤郎”を追加しました。」

お義父さんと呼ばせて/火曜22:00~フジテレビ

www.ktv.jp

出オチ感もただよってますが、設定の勝ちですね!

どちらかと言うとTBSの方が得意そうな気もしますが。

先日のSMAP×SMAPに出演していた渡部篤郎からイギリスの色気を感じたので、引き続き追いかけていく所存。

 

4.「”長瀬の出てるドラマにハズレは無いんだよね~”by敏腕プランナー氏」

フラジャイル/水曜22:00~フジテレビ

www.fujitv.co.jp

長瀬~~~ッ!愛してるよ!!!

「なんだかキチガイだけど裏に事情がある筋の通った男」みたいなのを演じさせたらトップクラスではないでしょうか。

スピッツの「空も飛べるはず」で有名な「白線流し」の頃からの長瀬ファンとして、長瀬演じるキチガイ医者は要チェックです。

 

5.「”ウロボロス枠だよね!暗い過去を共有した子供達が大人になって再会して運命を打破していく系ね!三浦春馬っぽいよね!”by隣席ディレクター氏」

わたしを離さないで/金曜22時~TBS

www.tbs.co.jp

隣席ディレクター氏の言葉が全てです、ハイ。

なんだか久しぶりに水川あさみを見れる気がしてドキドキしてます。

三浦春馬は演技の評判が芳しくないようなので、「そしゃ世代」の同級生として頑張ってもらわないと困りますね。

(ちなみに”ウロボロス”はこちら↓)

金曜ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』 |TBSテレビ

 

番外編:「人生の目標にセッティング済みの”吉田鋼太郎”に関する情報をアップデートしました。」

東京センチメンタル/金曜0時12分~テレビ東京 

www.tv-tokyo.co.jp

上記5作は昼下がりの談義で話題に上ったものですが、個人的にすごく気になっているので+αとして紹介。

吉田鋼太郎が東京の下町を舞台に、彼の「イメージ通り」酒と女と生きていくストーリーです(大好きです)。

高畑充希は月9「いつ恋」と両方に出演するのか・・・売れっ子だなあ・・・。

 

以上です。

関係各所に気分を害するような文章になったことを深くお詫び申し上げます。

特にぼくは顔が薄いってだけで、坂口氏とは雲泥の差がある「おフェロ」ならぬ「おゲロ顔」です(LINE交換は待ってます)

 

ここで紹介した以外にも面白そうな作品があるので、ちょいちょい観ていく所存!

 

そしゃ!